ウッシーブログ 52歳から始めるWEB制作・仮想通貨・NFTの学習ブログ

GMOコインの口座開設が初心者でも最短10分で出来る3ステップ

仮想通貨

こんにちは、うっしーです。仮想通貨取引を始めるのに取引所がたくさんあって「どこの取引所にしようか?」と迷ってしまいますよね。今回は「GMOコインの口座開設方法」を解説していきます。

複数の国内取引所に口座を開設している私が実際に比較したり、他の利用者の方々から聞いた声を参考にしGMOコインをおススメします。本記事を読めばどなたでもかんたんに最短10分・3ステップで口座開設が可能ですので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

GMOコインのおすすめポイント3つ

①GMOインターネット(東証1部上場)グループで安心のセキュリティ体制

②口座数44万!オリコン顧客満足度No.1の顧客支持

③取扱通貨数が多い(17銘柄)

 

口座開設方法かんたん3ステップ

では、GMOコインの口座開設を3つのステップで図解で説明していきますが、全体の流れは以下の通りでかんたんです。

3ステップの流れ

▶▶GMOコインの公式サイトはこちら◀◀

ステップ1:アカウント登録

まずは①「口座開設」からメールアドレスを登録し「私はロボットではありません」に✔を入れて「口座を開設する」をクリックしましょう。②登録したメールアドレスにGMOコインからメールが届きます。メール内にパスワード設定画面のリンクがありますので、そちらから③任意のパスワードを入力し、「設定する」をクリックしましょう。

次に④「電話番号による認証」を求められますので、携帯などの電話番号を登録して「コードを送信」をクリックしましょう。⑤登録した携帯のSMSに2段階認証コードが送られてきますので認証します。認証が完了したら「開設申込へ進む」をクリックし、ステップ2に進みましょう。

 

ステップ2:個人情報の登録と本人確認書類の提出

ステップ1の「開設申込へ進む」から個人情報の登録へと移ります。①お客さま情報の登録⇒②お取引に関する情報の登録を入力し③入力内容の確認を行ったら「口座開設の申込」をクリックしましょう。

続いて本人確認を行います。スマホを使って①の「かんたん本人確認」で進めた方が早くておススメです。PCで登録を進めている方もQRコードが表示されますので読み込んでスマホで行いましょう。

画面に沿って確認書類を選択⇒撮影と進めていきます。撮影が上手く行かない場合は①の「かんたん本人確認」ではなく、②の画像アップロードで進めてみてください。確認書類が2点必要となります。確認書類の撮影(提出)が終わると申込完了となり審査結果がメールで届きます。審査結果まで1日位掛かります。あと少しです。

ステップ3:口座開設コードを入力し完了

審査が終わると「口座開設書類(口座開設のお知らせ)」が発送されます。こちらに記載された「口座開設コード」を会員ページで入力しSMS認証して完了となります。私は口座申込から3日目でハガキが届きました。

 

キャンペーン案内

現在、GMOコインは仮想通貨の取扱銘柄数が国内No.1となっており、これを記念してキャンペーン期間内にGMOコインに指定の数量以上を預け入れると抽選で現金1万円プレゼントのキャンペーンを行っています。口座開設をお考えの方はお早めに。*キャンペーン期間2022年2月23日(水)まで

▶▶GMOコインの公式サイトはこちら◀◀

☆国内取引所を選ぶ際の注意点☆ 

海外取引所と国内取引所では取扱銘柄数に圧倒的な違いがあります。国内取引所では最も多いところで20銘柄弱ですが、海外は100~150銘柄です。

BINANCEやBYBITなど海外取引所でしか取扱していない通貨が欲しい際、国内取引所でBTCやETHなどを購入し海外取引所に送金し、欲しい通貨にスワップする必要があります。このとき、国内取引所で最初にどれだけ安く仮想通貨を購入出来るかでスタートが大きく違ってきます。

私はXRP(リップル)という仮想通貨を購入する際、他の大手取引所で購入しましたが後になってGMOコインで購入しておけばもう少し安く買えたと多くの方からアドバイスを頂きました。他取引所と比較してGMOコインは総じて安いという声が多いと感じています。

国内取引所で仮想通貨を購入する際、取引所か販売所で購入しますが販売所しかない国内取引所はスプレッド(手数料)で高くなってしまうので、避けた方が良いでしょう。

ただ海外取引所ではハッキングが多い・金融庁が警告を出している・日本円での取引が通常できない・詐欺コインが出回っているなど、現状国内取引所よりもリスクが高いです。初心者の方は国内での取引所で経験を積んでから進むのが良いと思います。あくまで投資は自己責任でお願いしますね。